Event is FINISHED

soar opening event!!!

Description
2015年12月にオープンした、人の持つ可能性が広がる瞬間を捉え、伝えていくメディア 「soar」。オープンから2ヶ月、障害や難病、LGBTなど様々なテーマで取材・発信をし、たくさんの方々に読んでいただき、共感の声をいただいています。

オープンを記念して、soar編集部、そして初回の記事に登場してくださった方々とsoarを応援してくださるみなさんが出会うイベントを開催したいと思います!

トークゲストとして、遠位型ミオパチー患者でありながら車椅子で世界中を飛び回り、障害者と健常者の壁をなくすため活動しているNPO法人PADM代表・織田友理子さん。

そしてどんな境遇に生まれた子どもたちにも権利と尊厳があり、可能性を活かしていける環境をつくるために活動している児童精神科医/PIECES代表・小澤いぶきさんをお招きします。

当日はsoar代表・編集長の工藤から、soarのプロジェクト内容や今後の動きに関してもお話させていただきます。

後半は、アート料理研究家・SAYOKO SATOさんと庭師の三田和正さん、高橋琢磨さんにsoarをイメージしたフードコーディネートをお願いし、参加してくださった皆様とのパーティの時間をつくりたいと思います!

soarは、これからメディア発信だけではなく、イベント開催、リサーチプロジェクトなどを通して、同じ願いを持つ人たちが集う場を生み出し、 誰もが自分の持つ可能性を活かして生きていける未来をつくっていきます。

soarの想いに共感してくださるみなさまに、ぜひご参加いただけると嬉しいです。

------------------------------------------------------

<soar opening event!!!>

【日時 】2016年4月7日(木)19:00〜22:00(開場18:30
【場所】 SHIBAURA HOUSE 1Fフロア
【参加費】 3,000円(ドリンク&フード)
学生割引:2,000円(ドリンク&フード)

【トークゲスト】
織田友理子(遠位型ミオパチー患者会・NPO法人PADM 代表、車椅子ウォーカー代表)
小澤いぶき(児童精神科医、PIECES代表)

【モデレーター】
工藤瑞穂(soar代表・編集長)
モリジュンヤ(soar副代表・株式会社inquire代表)

【フードコーディネート】
SAYOKO SATO(フードデザイナー×アート料理研究家×管理栄養士)
三田和正(庭創作はないかだ 代表・庭師)高橋琢磨( 髙橋工房 代表・庭師)

【ドリンク】
Uchila(フードドリンクユニット

【プログラム】
・soar プロジェクト説明(工藤瑞穂)
・ゲストトーク①織田友理子さん
・ゲストトーク②小澤いぶきさん
〜終了後、フードを囲んでパーティ

【主催】
お問い合わせ:hello@soar-world.com

《SHIBAURA HOUSE》
〒108-0023
東京都港区芝浦3-15-4

・アクセス
JR 田町駅芝浦口より徒歩7分
都営三田線・浅草線 三田駅A4出口より徒歩10分

※駅からの移動にサポートが必要な方はスタッフがお手伝いしますので、お問い合わせアドレスへご連絡ください。
※会場はスペースを広くとっております。車椅子の方も気兼ねなくお越しください。
※保育のサポートはありませんが、お子様連れの方も大歓迎です。

【出演者プロフィール】

・織田友理子さん
NPO法人PADM(遠位型ミオパチー患者会)代表/車椅子ウォーカー代表
大学4年で難病・遠位型ミオパチーと診断される。2006年に男児を出産。NPO法人PADMの代表として、難病や超希少疾病新薬開発制度の問題に取り組み、204万筆の署名を集め遠位型ミオパチーの指定難病認定に貢献。2014年からはYouTubeにて日本初のバリアフリー情報動画「車椅子ウォーカー」を配信開始、国内外のバリアフリー状況の実地調査を重ねる。元健常者であり現障害者の立場から、福祉先進国・日本の実現を目指す。その活動は日本にとどまらず、世界へと広がっている。現在は、2015年に「Google インパクトチャレンジ」にてグランプリを受賞し、全国のバリアフリー情報を参加型で投稿できる「みんなでつくるバリアフリーマップ」のリリースに奮闘中。




・小澤いぶき さん
NPO法人ピーシーズ(登記準備中) Co-Founder/児童精神科医 東京都立梅が丘病院、東京都立小児総合医療センター児童思春期精神科で児童精神科医として臨床に携わる。どんな子どもたちにも権利と尊厳がある社会を目指し、人の危機が予防され、可能性が活かされる多様性のある生態系づくりを行っている。こどもと大人が平等な子育て環境を目指すコミュニティ活動asobi基地副代表、そしてアートを通した教育プログラムPe’Canvasの立ち上げに携わる。



・工藤瑞穂(soar代表・編集長)
「soar」代表・編集長/「HaTiDORi」代表
1984年青森県生まれ。宮城教育大学卒、青山学院大学ワークショップデザイナー育成プログラム修了。Webメディア「マチノコト」ライター。 仙台の日本赤十字社で勤務中、東日本大震災を経験。震災後、「小さくても、わたしはわたしにできることを」をコンセプトに、仙台で音楽・ダンス・アート・フードと社会課題についての学びと対話の場を融合したチャリティーイベントを多数開催。地域の課題に楽しく取り組みながらコミュニティを形成していくため、お寺、神社、幼稚園など街にある資源を生かしながら様々なフェスティバルを地域住民とともにつくる。2015年12月より、社会的マイノリティの人々の可能性を広げる活動に焦点を当てたメディア「soar」をオープン。イベント開催、リサーチプロジェクトなど様々なアプローチで、全ての人が自分の持つ可能性を発揮して生きていける未来づくりを目指している。



・SAYOKO SATO(フードデザイナー×アート料理研究家×管理栄養士)
女子栄養大学卒業。管理栄養士として大手医薬品商社、医療機関にて医療栄養学に携わり大量調理や2000人以上の栄養指導を経験。2013年には自身ですべてコーディネイトできる料理教室FFA Cooking SalonをOPEN。フードの栄養とデザインをも兼ねた「見て楽しむ」「食べて健康」をコンセプトにしたケータリングや出張料理教室、レシピ提供、ジュニアスポーツ の栄養指導、講演など多岐にわたり活躍中。

Uchila(ウチラ)
思わず笑顔になっちゃう美味しい時間を届けます。フードドリンクユニット『Uchila(ウチラ)』です!

さほど美味しくないレモネードに、お洒落代として700円払った不満がキッカケとなり始めた休日活動。悔しかったので、ビーチ・河原でレモネードを無料配布していました。

現在は、イベントでのケータリング、オフィスへのランチお届け、自主イベント開催等にて美味しさと元気を全国にお届け中!

FB https://www.facebook.com/uchila.me/ HP http://uchila.me




・モリジュンヤ
ジャーナリスト、編集デザインファーム「inquire」代表。1987年2月生まれ、岐阜県美濃加茂市出身。未来の探求と社会の編集をテーマに『THE BRIDGE』『マチノコト』『IDENTITY名古屋』『soar』など複数のメディア運営に携わる。NPO法人マチノコト理事、一般社団法人HEAD研究会フロンティアTF副委員長。

・庭創作はないかだ 代表 三田和正 、髙橋工房 代表 高橋琢磨(庭師)










Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2016-03-18 17:49:49
More updates
Thu Apr 7, 2016
7:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
SHIBAURA HOUSE
Tickets
参加チケット ¥3,000
学生割引チケット ¥2,000
Venue Address
東京都港区芝浦3-15-4 Japan
Directions
JR 田町駅芝浦口より徒歩7分 都営三田線・浅草線 三田駅A4出口より徒歩10分
Organizer
soar
190 Followers